博士前期課程

  1. トップ>
  2. 博士前期課程>
  3. 教員一覧(あ行)
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
教員 所属(専攻) 専門分野 研究テーマ
アイズマンガー・イアン 文化学専攻 カリキュラム・教材開発、第二言語習得論、研究方法論、統計学、心理測定法 Psychometrics, Second Language Acquisition, Explicit and Implicit Knowledge, Learner Autonomy, Learning Styles, Learning Strategies, Learner Anxiety
朝田 とも子 法学専攻 行政法 国家賠償法上の違法性
阿部 悠貴 公共政策学専攻 国際関係論 冷戦期のヨーロッパ安全保障体制に関する理論研究
新井 英永 文化学専攻 西洋近現代思想史 D・H・ロレンスとモダニズム思想
池田 愛 法学専攻 民事訴訟法 判決効の主観的範囲、口頭弁論終結後の承継人に対する既判力の拡張
池田 康弘 公共政策学専攻 法と経済学、公共経済学、ミクロ経済学 経済学から見た法、ルール、および制度
石原 明子 現代社会人間学専攻 紛争変容・平和構築学、健康医療政策 日本における紛争変容学の確立に関する研究、傷ついたコミュニティの修復的な再生、認知症
市川 雅己 文化学専攻 フランス語学 フランス語学、特に現代フランス語の動詞形・代名動詞・名詞句の指示と照応
伊藤 洋典 公共政策学専攻 政治思想 「地域主義」的思考の系譜と現代的意義に関する研究
伊藤 正彦 文化学専攻 中国明清社会経済史 中国近世の社会的結合と賦役制度に関する研究
稲葉 継陽 文化学専攻 日本中世史 近世日本社会形成史の研究(戦国期)
井上 暁子 文化学専攻 ポーランド語圏を中心とした中・東欧文学 グダンスクやシロンスク地方など、旧ドイツ領にあたる都市・地域出身の作家(移民作家を含む)によって書かれたポーランド語文学
井原 健 文化学専攻 言語学 近代ヨーロッパにおける言語思想史研究
今村 直樹 文化学専攻 日本近世史・近代史 日本近世の領主制と地域社会、明治維新期の社会経済史研究
岩崎 竹彦 文化学専攻 伝承文化史、博物館学 情報社会における文化流通の民俗学的研究
岩田 奇志 文化学専攻 比較経営論・比較社会論 日中社会の行動原理と行動様式
植田 均 現代社会人間学専攻 中国語学(中国語史、中国語文法、語彙論) 中国近世語(明清〜現代)文法・語彙論、方言学、中国語口語の歴史変遷、日中語彙用法対照研究
上野 眞也 公共政策学専攻 政治学、比較政治学、行政学 ソーシャルキャピタルに関する研究、地方自治制度および政策の研究
魚住 弘久 公共政策学専攻 行政学 戦時期日本の行政史、官僚制における内部管理規則の研究
大澤 博明 公共政策学専攻 日本政治外交史 日清戦争の研究、近代日本の政軍関係の研究
大辻 正晴 現代社会人間学専攻 哲学 哲学、言語哲学
大西 克智 現代社会人間学専攻 哲学・倫理学 古代から近世の自由論、感情論、様相論
大野 龍浩
個人HP
文化学専攻 イギリス文学 英国小説、Digital Humanities、英文学とキリスト教、文学批評
岡田 行雄 法学専攻 刑事政策、少年法

刑事制裁等の有効性の検証に関する研究

荻野 蔵平 文化学専攻 ドイツ語学 ドイツ語史、ドイツ語史的統語論
小畑 弘己 文化学専攻 東北アジア先史学、植物考古学 圧痕レプリカ法による初期栽培植物・先史時代の生活様式
大日方 信春
個人HP
法学専攻 憲法学、基礎法学 知的財産権と憲法理論
折田 充 文化学専攻 英語教育学、心理言語学 効果的な英語語彙指導法、英語心内辞書の再構築・変容

(平成30年4月1日現在)

ページの上部へ