博士前期課程

  1. トップ>
  2. 博士前期課程公共政策学専攻)>
  3. 政策研究コース
公共政策学専攻 政策研究コース 政策研究者になる第一歩として

本コースの特色

①政策研究者となるための基礎的能力の育成
 政治学・行政学・経済学に関する基礎的な科目に加え、農村政策・都市政策などの展開科目を配置することで、政策研究に必要となる基礎的能力の育成を目指します。

②調査・研究能力の育成
 「リサーチメソッド」や「プロジェクト研究T」「プロジェクト研究U」といった科目を配置することで、実践的な調査・研究能力(共同研究能力)の育成を図ります。研究論文については、1年時にタームペーパー、2年次に修士論文を提出してもらいます。

③国際的な発信能力の育成
 国際的に発信できる能力を育成するために、国際的なシンポジウム・学会・研修などへの参加・報告を単位認定の条件とする「国際アクティヴィティ」や国際的発信のための「国際コミュニケーション論」を配置しています。

ページの上部へ

コース長あいさつ

 政策研究コースでは、政策研究のスペシャリストの養成を目指しています。多様なアプローチを通した学際性、政策作成・政策形成に関する基礎的な知識に加え、政策の価値やビジョンも重視していることが、本コースの特徴です。また、地域的な課題から出発し、地球的にその解決を考えるグローカルな視点を育成するために、国際的な調査活動や学会に参加する機会を提供しています。博士後期課程への進学ニーズに応えるために博士後期課程との合同プロジェクト研究への参加も認めています。

政策研究コース長 魚住 弘久

ページの上部へ

主な授業科目

必修科目
プロジェクト研究T、プロジェクト研究U、特別研究T、特別研究U

その他の主な科目
公共経済論、経済政策、地方財政論、公共哲学、現代政治行政論、
日本政治外交史論、国際関係論、比較行政論、国際アクティヴィティなど

ページの上部へ