博士前期課程

  1. トップ>
  2. 博士前期課程

公共政策学専攻

 公共政策を担う専門家のための「公共政策専門職コース」と、政策学の研究を目指す「政策研究コース」の、2つの教育コースからなっています。前者は、高度専門職業人として公共政策に関する理論や政策分析能力、政策形成のための知識と技術、企画・運営能力を兼ね備えた実践力のある政策のプロフェッショナルを養成します。後者は、政策学の基礎的研究と、幅広い視野とスキルを兼ね備えた国際的に通用する政策の研究者を養成します。

アドミッションポリシー

社会の様々な政策的課題、とりわけ地域に関わる課題に対して関心を持ち、実践面、理論面にわたる知識の獲得、調査分析能力の取得等を通じて、自ら課題解決のために実践的に取り組もうとする人あるいは研究を進めようとする人を求めます。   

1.公共的な関係の仕事、政策に関わる仕事(国、自治体、民間団体、各種団体、NPO、シンクタンク、議会等)に就くことをめざす人、あるいは、現在それらに従事していて専門的知識や課題解決能力を高めたい人
2.現代の政策的課題に対して国際的視野を含めて研究を行うための能力を身につけたい人   

ページの上部へ

法学専攻

 「社会の法化」と呼ばれる現代社会において、幅広くかつ深い法律知識をもった法律実務家や法律学についての基礎的な研究能力をもった人材が求められています。
 このような社会的ニーズに応えるため、本専攻は、現代社会に生起する複雑多様化した法的諸問題の解決を図る高度専門職業人(司法書士、税理士、社会保険労務士)を養成する「法律系専門職コース」と、社会の法化に対応した知的創造者(教育研究職希望者、公務員、企業法務担当者等)を養成する「法学研究コース」という2つの教育プログラムを提供します。

アドミッションポリシー

法学専攻は、幅広くかつ深い法的知識を活かして現代社会に生起する複雑多様化した諸問題について法的解決を図ろうとする人を求めます。

1.司法書士・税理士・社会保険労務士など法律系の専門職及び公務員をめざす人   
2.上記専門職として理論的な課題解決能力を身につけようとする人
3.公務員・企業人として法的課題解決法力を身につけようとする人
4.法学領域の研究職をめざす人   

ページの上部へ

現代社会人間学専攻

 社会の大きな変動により、社会と人間を理解する枠組みにも、倫理規範、社会関係の調整および組織経営のあり方にも、様々の新しい現代的な課題が生じています。そこで、既存の文学部系と法学部系の分野を組み直し、外部からも新しいスタッフの参加と協力を得て、新しい専攻を立ち上げました。それが現代社会人間学専攻です。
 この専攻は、5つのコースからなります。新しい人材ニーズに応える「交渉紛争解決・組織経営専門職コース」および「東アジア・ビジネス・コミュニケーション専門職コース」、新しい課題に取り組む「先端倫理学研究コース」、「フィールドリサーチ研究コース」および「認知哲学・心理学研究コース」です。

アドミッションポリシー

人文・社会に関わる学術領域の研究方法あるいは学際的な研究方法を身につけることにより、人間や社会における現代の諸問題を理論的、実践的に解決したい人を求めます。

1.組織や地域社会などで高まる紛争解決(問題解決)・合意形成ニーズに対応しうる交渉紛争解決・対話推進能力やマネジメント能力を身につけ、実践できるリーダーをめざす人   
2.東アジア地域におけるビジネスの現場で、日中の相違から生じる諸問題を解決しスムーズなコミュニケーションを図ることのできる能力を身につけ実践できる職業人をめざす人   
3.現代社会の倫理的諸問題を理論的・実証的に捉え、それを実践や研究に活かす能力を身につけることをめざす人   
4.フィールドワークを主とした調査方法論に基づき、国内外の社会文化的、言語的、地理的諸現象を実証的・論理的に研究することをめざす人   
5.認知という枠組みから人間を理解する哲学や心理学の方法を通じて、現代社会の実践的問題に対して合理的・客観的に対処する能力を身につけたい人

ページの上部へ

文化学専攻

 本専攻は、歴史学・考古学・民俗学・言語・文学等の諸領域において、学術的知見を基盤に実践的能力を養い高度専門職業人を育成する(1)文化行政・学芸員専門職、(2)高校国語教員専門職、(3)英語教育専門職の3コース、及び各学術領域の研究の基礎を修め、引き続き博士後期課程において専門を深めうる研究の担い手を育成する(1)歴史学研究、(2)日本・東アジア文化学研究、(3)欧米文化学研究の3コースを置きます。

アドミッションポリシー

歴史学、考古学、民俗学、日本・東アジアの言語と文学、欧米の言語と文学の諸領域において、学術的知見を基盤として、高度かつ実践的能力を修得し、文化行政、教育、マスコミ等の分野で専門的職業人として活動できる人、およびそれぞれの学術領域の研究の基礎を修め、引き続き博士後期課程において専門を深めうる研究の担い手を育成することを目標としています。このような観点から、本専攻は次のような人を求めます。

1.地域の歴史や文化に根ざした文化行政・博物館学芸員のエキスパートをめざす人   
2.日本語日本文学・中国語中国文学の学術的成果を礎に、授業に広がりと深みを与える国語教員をめざす人   
3.高度な理論と実践力を兼ね備えた、現場での英語教育改善で先進的役割を担える専門職をめざす人   
4.高度の史料読解力を基礎に、歴史事象を主体的に研究するスキルを身につけることをめざす人   
5.東アジア言語・文学・民俗について専門的にかつ広い視野に立って東アジア文化研究をめざす人   
6.英語やドイツ語やフランス語の高度な能力を培い、言語・文学研究や国際交流などの専門家をめざす人

ページの上部へ

教授システム学専攻

 本専攻は、教育や学習の効果・効率・魅力を高めるシステム的な方法論であるインストラクショナル・デザイン(ID)を中核に教授システム学を学び、eラーニングを実際に開発・実施・評価できる高度専門職業人を養成することを目的とする大学院です。

アドミッションポリシー

教授システム学専攻(博士前期課程)は、幅広い教養と読解力・理解力・表現力などの基礎学力の上に、教授システム学を習得したeラーニングの専門家になるための適性を有し、かつ厳しい勉学に耐え得る強い意志と学習意欲のある人を求めます。さらに社会人にあっては、豊かな社会経験を有する人を求めます。かつ、次のようなコンピテンシーを身につけることをめざす人を求めています。   
1.さまざまな分野・領域におけるeラーニング事例をふまえ、教授システム学の基礎的知見に照らし合わせてコース開発計画書を作成し、ステークホルダごとの着眼点に即した説得力ある提案を行うことができるようになることをめざす人
2.LMSなどの学修支援システムの機能を活かして効果・効率・魅力を兼ね備えた学習コンテンツが設計でき、開発できるようになることをめざす人
3.開発チームのリーダーとして、コース開発プロジェクトを遂行できるようになるとともに、人事戦略やマーケットニーズに基づいて教育サービス・教育ビジネスの戦略を提案できるようになることをめざす人   
4.ネットワーク利用に関わる法律的・倫理的な問題を意識し、解決できるようになることをめざす人

ページの上部へ