博士前期課程

  1. トップ>
  2. 博士前期課程法学専攻)>
  3. 法学研究コース
法学専攻 法学研究コース 社会の法化に対応した知的基盤社会を支える知的創造者への途

本コースの特色

①体系的な履修による教育の実質化
 基本法学系と基礎・展開法学系の二つの科目群を構成し、体系的な履修による教育の実質化を図り、専攻分野及び関連分野における豊かな学識を活かし、真理を探究する積極的な研究能力を育成します。

②系統的履修と事例研究科目の組み合わせによる研究と実践の融合
 専攻分野と関係の深い科目の系統的履修に加えて法律系専門職コースで開講される事例研究及びケース分析科目の履修を可能にし、具体的事例にも対応しうるような研究と実践を融合できる理論的研究能力を育成します。

③文献講読・判例分析・講読を組み合わせた教育内容
 法学研究のための基礎理論及び研究手法の習得を目指し、専攻分野と関係の深い科目群を配置して、基本的な文献の講読、重要判例の分析、特別研究における外国文献の講読などを組み合わせた教育内容とします。

④参加型の教育方法と指導の実質化
 学生の報告に対して受講生全員が積極的に議論し参加し得る双方向的・多方向的な授業を展開し、研究活動の基礎的訓練となるような教育方法を導入します。

ページの上部へ

コース長あいさつ

 本コースは、法学系教育研究職志望者の堅実な需要及び実定法系研究者の絶対的な不足に対応するため、幅広く深い学識を有し基礎的研究能力と課題解決能力を備えた創造性豊かな研究職希望者や基礎的研究能力を身に付けたいと考えている人を対象としています。基本法学系と基礎・展開法学系から構成されたこのコースは、系統的履修と事例研究科目の組み合わせによる研究と実践を融合した教育プログラムを提供し、社会の法化に対応した知的創造者の育成を目指しています。

法学研究コース長 山田 秀

ページの上部へ

主な授業科目

必修科目
特別研究T、特別研究U

その他の主な科目
憲法T、行政法T、民法T、商法T、民事訴訟法、刑法T、刑事訴訟法、法哲学、法史学、租税法、労働法、
社会保障法、経済法、国際法T・Uなど

ページの上部へ