博士前期課程

  1. トップ>
  2. 博士前期課程法学専攻)>
  3. 法律系専門職コース
法学専攻
法律系専門職コース
現代社会に生起する複雑多様化した法的諸問題解決への途

 法律系専門職コースは、司法書士・税理士・社会保険労務士など、法曹以外の法律系専門職に進みたい学生、あるいは現職の方でリフレッシュ・キャリアアップを目指す方の勉強の場として設置されました。現代社会では、法曹以外の法律系専門職においてもその依頼が複雑多様化しています。本コースでは、法学系科目の体系的履修を通じて、より高度な専門知識および解決能力を得ることのできる環境を提供することで、依頼者からの多様な法的諸問題にワンストップでサービスを行える力を持つ人材を養成します。

ページの上部へ

本コースの特色

①課題発見能力の育成
 各専門職と関係の深い法学系専門科目を系統的に履修し、各法領域における重要文献の講読を通して、幅広く深い学識と高度の専門性に裏付けられた法的課題発見能力を育成します。

②調査分析能力と原因探求能力の育成
 課題・テーマに関する文献・判例・資料の収集及び解析を通して調査分析能力を育成し、事例研究・ケース分析を通して問題の原因探求能力を育成します。

③課題解決能力の育成
 修士論文・特定課題研究の提出に至るまでの手順を計画化し、作成過程において法律系専門職に必要な高度の専門能力と発展的かつ応用的能力に裏付けられた課題解決能力を育成できるよう、研究指導を行います。

④体系的で高度な専門知識の習得を目指した授業目標及び内容
 各領域における特定課題の発見と学問的水準の到達点を理解できる内容とし、特定の課題に関する文献・判例・資料等の調査・収集・解析を行い、特に具体的な事例研究及びケース分析を中心とした授業内容とします。

ページの上部へ

コース長あいさつ

 本コースは、司法書士、税理士および社会保険労務士等の法律系専門職を目指す学生、社会人および現職の法律系専門職従事者を対象として、幅広く深い学識と高度の専門性に裏付けられた課題解決能力と高い理念および幅広い応用力をもって、これらの職務領域において生起する複雑多様化した法的諸問題を解決しうる能力を備えた高度専門職業人を養成します。

法律系専門職コース長 葉 陵陵 

ページの上部へ

主な授業科目

 法学系専門科目を体系的に履修することで、課題発見能力を育成します。また、学説などの理論を踏まえてさまざまなケースを分析・検討していくことで、これまでのQ&Aでは示されていなかった回答を導き出す能力を習得することができます。さらに、修士論文等の提出に至るまでの手順を計画化し、テーマ決定、進捗状況の確認などの課程を経ることによって、課題解決能力を育成できるような研究指導を行います。理論と判例などを使って、具体的な事例分析、問題点の究明、解決策を見出していくのが本コースの特徴です。

必修科目
特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱ

その他の主な科目
憲法Ⅰ、民法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、民法演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、商法Ⅰ、商法演習Ⅰ、行政法Ⅰ、民事訴訟法、
民事訴訟法演習、租税法、租税法演習、労働法、労働法演習、社会保障法、社会保障法演習など

ページの上部へ