博士前期課程

  1. トップ>
  2. 博士前期課程文化学専攻)>
  3. 日本・東アジア文化学研究コース
文化学専攻 日本・東アジア文化学研究コース 日本学・民俗学・中国学・比較文化学など、東アジア地域全体を含む広い視野に立って研究を深めることができる

 日本語日本文学、民俗学、中国語中国文学、東アジア比較文化学のいずれかを基礎的研究領域として、それぞれの領域における研究能力を養うため古写本・刊本を含む原典の読解能力、フィールドワークの方法論、つまり学術的見地からの分析に耐えるデータ集積方法の修得を重視した教育を行い、当該領域における調査研究が独力で行える能力を養成します。
 日本学、民俗学、中国学、比較文化学など、それぞれの研究方法、研究成果を連携に基づいて共有することにより、東アジア地域全体を含む広い視野に立って研究を深めることができると期待されます。それにより、学生は共通のテーマにおける様々なアプローチを具体的に修得し、テーマに即した最もふさわしい方法をとることができます。

ページの上部へ

本コースの特色

①調査・文献読解等基盤的な能力の形成
 文献学、方言学、民俗学に関わる調査が独力で行える能力を修得できるよう、古写本・刊本を含む原典の読解能力、フィールドワークの方法論など、学術的見地からの分析に堪えるデータ集積方法の修得を重視した教育を行います。

②当該領域研究に必要な事項の教授
 中国文学、日本文学、比較文学、民俗学など、それぞれの研究方法、研究成果を連携に基づいて共有することにより、東アジア地域全体を含む広い視野にたって研究を深めます。

③テーマに沿った選択受講
 開講されている講義は日本語日本文学、中国語中国文学、民俗学や日中から西洋までを視野に入れた比較文化学的研究に基づく講義と演習、および韓中の比較文化に及んでおり、多彩な内容の授業から必要な講義を受講し、自らのテーマにあった研究方法を学ぶことが出来ます。

ページの上部へ

コース長あいさつ

 日本・東アジア文化学研究コースは、日本語日本文学、民俗学、中国語中国文学、東アジア比較文学のいずれかを基礎的研究領域とし、それぞれの領域における研究能力を涵養するコースです。狭い枠に閉じこもらないよう多彩な内容の授業が用意されており、自らのテーマにあった研究方法を学ぶことができます。将来、日本及び東アジアの豊かな文化を世界に発信したい人、大歓迎です。

日本・東アジア文化学研究コース長 竹島 一希

ページの上部へ

主な授業科目

必修科目
東アジア文化基礎論、比較民俗文化論※、民俗学調査実習※、中国古典文学論※、中国現代文学論※、
東アジア文化論※、東アジア文化交渉論※、日本文学史論※、日本語史論※、特別研究T、特別研究U
(※を付した科目から2科目選択して必修)

ページの上部へ