学生生活

  1. トップ>
  2. 学生生活>
  3. 大学院での学習(博士前期課程)

修了要件

特別研究I(4単位)及びコースごとに指定されている必修科目を含めた26単位以上を履修し、修士論文または特定の課題に関する研究の成果(特定課題研究)の成果の審査および最終試験に合格すれば特別研究Ⅱ(4単位)が認定され、本研究科を修了することができます。

※修士論文等の審査を受けることができるものは、研究科に1年以上在学し、所定の授業科目について18単位以上を修得した者とします。ただし、教授システム学専攻にあっては、17単位以上修得した者とする。(1年在学コースにおいては、6ヶ月以上在学し、所定の授業科目について16単位以上習得した者とします)

ページの上部へ

履修の方法

(1)長期履修制度

職業を有し就業している学生、育児・介護等の事情を有する学生等は、標準年限(2年)を超えて一定期間(1年単位)にわたり計画的に履修し課程を修了することが認められることがあります。

(2)1年在学コース

公共政策専門職コース法律系専門職コースには、1年在学コースがあります。両コースとも3名以内に限って受け入れます。

(3)昼夜開講制・土曜日開講・夏期集中・eラーニング等

職業を有している学生あるいは遠方に勤務・居住している学生のために、夜間(6時限目:18時~19時30分、7時限目:19時40分~21時10分)、あるいは土曜日、夏季休業期間中にも授業を開講します。また、eラーニングによる授業も開講します。

(4)他の大学院研究科等の授業科目の履修

本学の他の大学院等の授業科目は、許可を得て履修することができます。取得した単位は、10単位を超えない範囲で修了要件単位に算入することができます。また、免許・資格取得のために学士課程の授業科目の単位を取得する必要があるときは、科目等履修生として1年間に4科目8単位以内で履修することができます。ただし、この場合は修了要件単位に算入することはできません。

ページの上部へ

学修・研究指導体制

(1)複数指導教員制

学際的及び複合的領域での研究が可能となるよう、またきめ細かな研究・学修指導を行うために、複数指導教員制を採用します。主指導教員は学生が所属する専攻の教員が務め、副指導教員は学生の研究テーマに関連の深い領域の教員であれば、他専攻の教員も務めることができるものとします。

(2)研究・学修計画書、タームペーパー、特別研究Ⅰ

主・副指導教員と相談の上、入学後4月末日までに研究・学修計画書を提出しなければなりません。

授業を履修して必要な単位を修得しながら、計画書に従って修士論文または特定課題研究の成果のまとめに向けて、研究を進めます。修了1年前の2月末日まで(1年在学コースの場合は修了する年度の10月末日まで)にタームペーパーを提出しなければなりません。

なお、タームペーパーは1万字(欧文の場合は2500語)以上を基準とします。主・副指導教員の審査によりタームペーパーが合格と判断されれば、特別研究I(4単位)が認定され、修士論文等の題目を提出することができます。

(3)修士論文等

修士論文または特定課題研究の成果は、研究・学修計画書に従い主・副指導教員の指導を受けながら、タームペーパーの作成、題目の提出等の手続きを経て提出することができます。

※教授システム学専攻(博士前期課程)の内容については、教授システム学専攻のページ(外部リンク)でご確認ください。

(4)修士論文等の審査基準

修士論文または特定課題研究の成果の審査は、

 

①問題意識の明確性
②論証過程の説得性
③研究成果の独創性
④表現・引用の適切性、等を総合して行います。

各専攻の審査基準は以下の通りです ※リンクをクリックするとPDFファイルが開きます
  公共政策学専攻
 法学専攻
 現代社会人間学専攻
 文化学専攻
 教授システム学専攻

ページの上部へ