博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程人間・社会科学専攻)>
  3. 先端倫理学領域
人間・社会科学専攻 先端倫理学領域

 現代社会と科学技術の急速な変容の中で生じた生命、環境、情報、また人間関係等に関わる倫理的諸問題を、現状分析と基礎理論との統合を探りながら教育・研究します。

領域長あいさつ

 先端倫理学領域では主として、応用倫理学領域の問題群を研究対象としています。その特徴としては、理論と実践のバランスをとること、また調査研究などの積極的導入などが挙げられます。常に念頭に置いているのは、必要な文献を読解する能力や博士論文を執筆するための文章力、研究発表などを通じたコミュニケーション能力の向上です。生命倫理、環境倫理、臨床倫理、ビジネス倫理、脳神経倫理等については特に力点を置いており、ケーススタディとディスカッションを通じて、より深く研究を進めています。

先端倫理学領域長 田中朋弘

ページの上部へ
  

先端倫理学領域の授業科目

現代先端倫理論演習 生命環境倫理論演習T 生命環境倫理論演習U 現代論理論演習 医療福祉社会論演習 先端倫理調査演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究T 特別研究U

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • ハンス・ヨナスの倫理学
  • 生命倫理学理論としての生命中心主義の再構築
  • The moral status of human embryos and fetuses: Analysis of the utilitarian approach
  • 人工妊娠中絶に関する女性の権利の研究―胎児の生命の問題に焦点をあてて―
  • 学校教育におけるケア的かかわりの再考―ケアの正義の視点からの養護教諭の存在意義―
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
田中 朋弘 文学部 規範倫理学、応用倫理学 規範倫理学理論、ビジネス倫理、専門職倫理
中川 輝彦 専任 医療社会学 医療社会学の方法論および調査研究
佐藤 岳詩 専任 メタ倫理学、応用倫理学 メタ倫理学、生命倫理学
立花 幸司 文学部 古代ギリシア哲学、倫理学 アリストテレスの倫理思想およびその現代的意義の研究

(平成28年7月1日現在)

ページの上部へ