博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程人間・社会科学専攻)>
  3. 交渉紛争解決学領域
人間・社会科学専攻 交渉紛争解決学領域

 コミュニケーション論、実践的価値論、交渉論、紛争解決論、組織マネジメント論などの視点から、問題事例・交渉事例・紛争事例の分析を重ねながら、交渉による紛争解決と合意形成の理論と技法について教育・研究します。

領域長あいさつ

 紛争マネジメントを研究することは、単に交渉技法を身につけることで終わるものではなく、人間社会の価値やコミュニケーションの問題を深く求められるものです。交渉紛争解決学領域におけるカリキュラムは、紛争解決の専門家に要求される理解力、洞察力を身につけるための学修科目と、コンフリクトに対する柔軟な研究態度を養う分野横断的な演習科目とをバランスよく配置しています。紛争解決学のプロを目指すみなさんのチャレンジを期待します。

交渉紛争解決学領域長 渡部雅男

ページの上部へ
  

交渉紛争解決学領域の授業科目

交渉学演習 紛争解決学演習 価値論演習 コミュニケーション論演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究T 特別研究U

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 高次脳機能障害者の社会参加支援
  • ハンセン病隔離政策に翻弄された女性たち
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
水元 豊文 文学部 社会科学、社会心理学 コミュニケーション研究
渡部 雅男 文学部 ビジネス・コミュニケーション、プロジェクト・マネジメント、品質保証、エージェント・ベース・シュミレーション 若者の情報収集活動におけるオンデマンドメディアの影響研究、褒める企業文化としかる企業文化の研究
石原 明子 専任 紛争解決・平和構築学 日本における紛争解決・合意形成・平和構築学の確立に関する研究、東日本大震災後のコミュニティにおける人間関係の葛藤と平和構築
菊池 健 医学部付属病院 経営、品質管理、情報処理 経営改善、企業コンプライアンス体制などに関する実践的な問題解決方法の研究
平野 順也 文学部 コミュニケーション論 修辞学、ポリティカル・レトリック
森 大輔 法学部 法社会学、法と経済学 国際関係法の経済的分析、新しい経験的分析方法の探求

(平成28年7月1日現在)

ページの上部へ