博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程人間・社会科学専攻)>
  3. 交渉紛争解決学領域
人間・社会科学専攻 交渉紛争解決学領域

 コミュニケーション論、実践的価値論、交渉論、紛争解決論、組織マネジメント論などの視点から、問題事例・交渉事例・紛争事例の分析を重ねながら、交渉による紛争解決と合意形成の理論と技法について教育・研究します。

領域長あいさつ

 交渉紛争解決学領域では、日本で初・唯一の紛争解決学の大学院プログラムを提供しています。個人間、個人と組織間、組織・集団間、国家間、あるいは、その内部においても、紛争・葛藤・対立は日々、様々なレベルで生じています。これら諸々のコンフリクトを解決・解消し、平和の創出に取り組むため、最新の研究成果に基づく理論と技法を学ぶこと、専門家として各々の現場で学びを生かした実践に取り組むこと、そして、研究者として紛争解決学の新たな地平を切り拓いていくことに共に取り組んでまいりましょう。

交渉紛争解決学領域長 矢原 隆行

ページの上部へ
  

交渉紛争解決学領域の授業科目

交渉学演習 紛争解決学演習 価値論演習 コミュニケーション論演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究T 特別研究U

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 高次脳機能障害者の社会参加支援
  • ハンセン病隔離政策に翻弄された女性たち
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
水元 豊文 大学院人文社会科学研究部 社会科学、社会心理学 コミュニケーション研究
矢原 隆行 大学院人文社会科学研究部 臨床社会学 社会システム、リフレクティング・プロセス、ケア
渡部 雅男 大学院人文社会科学研究部 プロジェクトマネジメント、情報処理、ビジネスコミュニケーション プロジェクトマネジメントと経営情報の接点
石原 明子 大学院人文社会科学研究部 紛争変容・平和構築学、健康医療政策 日本における紛争変容学の確立に関する研究、傷ついたコミュニティの修復的な再生、認知症
平野 順也 大学院人文社会科学研究部 コミュニケーション論 修辞学、ポリティカル・レトリック
森 大輔 大学院人文社会科学研究部 法社会学、法と経済学 国際関係法の経済的分析、新しい経験的分析方法の探求

(平成30年11月10日現在)

ページの上部へ