博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程人間・社会科学専攻)>
  3. 法学領域
人間・社会科学専攻 法学領域

 現代社会に生起する種々の課題について、外国法との比較検討、法政策論的考察、さらに判例などの分析などを通して、各種課題に対応しうる法理論の構築を目指した教育・研究を行います。

領域長あいさつ

 法学領域では,日本における法律及び法律学の特徴を精確に把握できるように,日本の法律の運用実態や法学の現状だけでなく,他国の法律及び法学の現状,そしてその背景にある方法論や歴史的事実などを,文献購読などを通して学んでいただきます。こうした学びを通して,法学研究に必要な基礎的能力だけでなく,幅広い領域において将来役に立つ能力を身に付けることができます。共に学んでいきましょう。

法学領域長 大日方信春

  
ページの上部へ

法学領域の授業科目

比較憲法論演習 比較行政法論演習 比較民事法論演習 比較刑事法論演習 比較租税法論演習 社会保障法政策論演習 労働法政策論演習 経済法システム論演習 国際法政策論演習 国際共生制度論演習 社会倫理学演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究T 特別研究U

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 民主的納税制度と租税法の予測可能性
  • 企業年金における受託者の信任義務と加入者の受給権―米国ERISA法のFiduciary dutyを中心として―
  • 多数の『第三者』等の関与する行政法紛争を解決するための法理論と制度設計に関する総合的研究―行政救済と行政手続きを中心として―
  • 欧州における犯罪人引渡基準の多層性―刑事分野に関するEUの制度的発展を中心として―
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
岡田 行雄 法学部 刑事政策、少年法 刑事制裁等の有効性の検証に関する研究
大日方 信春 法学部 憲法学、基礎法学 知的財産権と憲法理論
倉田 賀世 法学部 社会保障法 ドイツの家族政策
苑田 亜矢 法学部 西洋法制史 成立期コモン・ローとカノン法の相互関係
遠山 聡 法学部 商法・保険法 約款解釈と消費者保護、保険募集に対する監督規制
中内 哲 法学部 労働法学、労働契約論 在籍出向関係の法的分析
林 一郎 法学部 国際法学、国際レジーム、国際機構、紛争転換 国際法と国際関係論、紛争転換
深町 公信 法学部 国際法(海洋法) 海洋法の歴史的発展と海洋法理論の特質
山崎 広道 法学部 租税法 租税確定手続きにおける諸問題
山田 秀 法学部 法哲学、伝統的自然法論 自然法論と総合的研究
葉 陵陵 専任 外国法、比較法 アジア諸国における紛争解決方法の多様化に関する比較研究
朝田 とも子 法学部 行政法 国家賠償法上の違法性
大脇 成昭 法学部 行政法、財政法 現代行政における財政規律の多面的機能について
川嶋 隆憲 法学部 民事訴訟法 再訴事案の法的規律、民事手続における情報開示と秘密保護
澁谷 洋平 法学部 刑法 未遂犯、イギリス刑法
諏佐 マリ 法学部 経済法 「社会的規制」と独占禁止法制、スペインおよび中南米における競争法制
内藤 大海 法学部 刑事訴訟法 おとり捜査、その他欺罔的捜査手法について
山口 幸代 法学部 会社法 会社法とCSR(企業の社会的責任)問題の交錯点
山根 聡恵 法学部 民法 ドイツ民法における契約の成立および当事者の義務
池田 愛 法学部 民事訴訟法 判決効の主観的範囲、口頭弁論終結後の承継人に対する既判力の拡張
M田 絵美 法学部 民法 性質錯誤論
三谷 仁美 法学部 民法 制裁概念、騒音(新幹線・風力発電)

(平成28年7月1日現在)

ページの上部へ