博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程人間・社会科学専攻)>
  3. 公共政策学領域
人間・社会科学専攻 公共政策学領域

 時代とその政策課題を的確に捉え、これに対してグローカルな視野とより高度な理論研究を通して応えることのできる、国際的に通用する政策研究者や政策プロフェッショナルを目指した教育・研究を行います。

領域長あいさつ

 公共政策領域では、行政学、政治学、経済学等を専攻とした教員が皆さんの研究に対して、可能な限りのサポートをいたします。最近福沢諭吉の『学問のすゝめ』を改めて精読する機会がありましたが、福沢は実学としての学問を奨励してはいましたが、同時にしっかりとした基礎的な学力を身に付けることを忘れてはならないことも伝えています。また、狭い世界に閉じ籠らず、社交的になり議論等を積極的に行うことを奨励していました。海外調査や学会での報告を積極的に行い、あなたにしか書けない博士論文を作成してください。

公共政策学領域長 外川 健一

  
ページの上部へ
  

公共政策学領域の授業科目

  

国際的アクティヴィティ 社会哲学論演習 公共政策論演習 現代政治行政論演習 日本政治外交史論演習 地域経済論演習 環境政策論演習 地域政策分析論演習 行政ガバナンス論演習 地域政策論演習 経済政策論演習 農村政策論演習 都市交通政策論演習 福祉保健医療政策論演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究T 特別研究U   

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 協働型ガバナンスによる紛争解決と合意形成の促進―アメリカにおけるコンセンサス・ビルディング手法を事例として―
  • フランスにおける狭域デモクラシーの新展開―参加・熟議のカフェデモクラシー―
  • 持続可能な地域経営と地域自治に関する研究―由布院の観光まちづくりを事例として―
  • PLANNING FOR REGIONAL DEVELOPMENT BY THE PROMOTION OF AMENITY MIGRATION AND ENDOGENOUS FACTORS
  • 地方工業地域における産業構造の再編と地域開発政策―新産業都市不知火・有明・大牟田地区を中心に―
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
伊藤 洋典 大学院人文社会科学研究部

 

政治思想 「地域主義」的思考の系譜と現代的意義に関する研究
上野 眞也 熊本創生推進機構 公共政策学、政治学 農村のソーシャルキャピタルに関する研究、水俣病に関する研究、コモンズなど地域資源保全政策研究
魚住 弘久 大学院人文社会科学研究部 行政学 戦時期日本の行政史、官僚制における内部管理規則の研究など
大澤 博明 大学院人文社会科学研究部 日本政治外交史 日清戦争の研究、近代日本の政軍関係の研究
鈴木 桂樹 大学院人文社会科学研究部 政治過程論 イタリア現代政治
外川 健一 大学院人文社会科学研究部 経済地理学、環境政策 廃棄物・リサイクルに関する経済地理学的研究
吉岡 英美 大学院人文社会科学研究部 東アジア経済、韓国の産業技術革新 半導体産業からみた韓国経済の発展メカニズムに関する研究
渡部 薫 大学院人文社会科学研究部 地域政策論、地域づくり論 文化と観光の地域づくり、創造産業政策、文化政策研究
阿部 悠貴 大学院人文社会科学研究部 国際関係論 冷戦後のヨーロッパ安全保障体制に関する理論研究
池田 康弘 大学院人文社会科学研究部 法と経済学、公共経済学、ミクロ経済学 経済学からみた法、ルール、および制度
島村 玲雄 大学院人文社会科学研究部 財政学、地方財政論 現代オランダ財政

(平成30年11月10日現在)

ページの上部へ