博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程人間・社会科学専攻)>
  3. 公共政策学領域
人間・社会科学専攻 公共政策学領域

 時代とその政策課題を的確に捉え、これに対してグローカルな視野とより高度な理論研究を通して応えることのできる、国際的に通用する政策研究者や政策プロフェッショナルを目指した教育・研究を行います。

領域長あいさつ

 複雑多岐にわたる現代社会が抱える諸課題を前にして、公共政策の果たす役割はますます重要になってきています。公共政策学領域は、そうした公共政策の形成と運用を下支えする研究能力を持った人材の育成を目指し、政治学分野、経済学分野ならびに地域政策分野に連なる個々具体的な科目群を配置し、その基本を学び、深めていくカリキュラムを提供しています。研究活動は並大抵の努力では実を結ばない営為ではありますが、だからこそ、とても魅力的でやりがいのある世界です。是非、挑戦してみてください。

公共政策学領域長 鈴木桂樹

  
ページの上部へ
  

公共政策学領域の授業科目

  

国際的アクティヴィティ 社会哲学論演習 公共政策論演習 現代政治行政論演習 日本政治外交史論演習 地域経済論演習 環境政策論演習 地域政策分析論演習 行政ガバナンス論演習 地域政策論演習 経済政策論演習 農村政策論演習 都市交通政策論演習 福祉保健医療政策論演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究T 特別研究U   

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 協働型ガバナンスによる紛争解決と合意形成の促進―アメリカにおけるコンセンサス・ビルディング手法を事例として―
  • フランスにおける狭域デモクラシーの新展開―参加・熟議のカフェデモクラシー―
  • 持続可能な地域経営と地域自治に関する研究―由布院の観光まちづくりを事例として―
  • PLANNING FOR REGIONAL DEVELOPMENT BY THE PROMOTION OF AMENITY MIGRATION AND ENDOGENOUS FACTORS
  • 地方工業地域における産業構造の再編と地域開発政策―新産業都市不知火・有明・大牟田地区を中心に―
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
伊藤 洋典 法学部 政治思想 「地域主義」的思考の系譜と現代的意義に関する研究
上野 眞也 政策創造研究教育センター 政治学、比較政治学、行政学 ソーシャルキャピタルに関する研究、地方自治制度および政策の研究
魚住 弘久 専任 行政学 戦時期日本の行政史、官僚制における内部管理規則の研究など
大澤 博明 法学部 日本政治外交史 日清戦争の研究、近代日本の政軍関係の研究
鈴木 桂樹 法学部 政治過程論 イタリア現代政治
外川 健一 法学部 経済地理学、環境政策 廃棄物・リサイクルに関する経済地理学的研究
吉岡 英美 法学部 東アジア経済、韓国の産業技術革新 半導体産業からみた韓国経済の発展メカニズムに関する研究
渡部 薫 専任 地域政策論、都市論 創造産業政策、文化と観光の地域づくり
阿部 悠貴 法学部 国際関係論 冷戦後のヨーロッパ安全保障体制に関する理論研究
池田 康弘 法学部 法と経済学、公共経済学、ミクロ経済学 経済学からみた法、ルール、および制度
河村 洋子 政策創造研究教育センター ヘルスブロモーション、ヘルスコミユニケーション、健康政策論、公衆衛生 健康な地域づくり、健康行動を促すエンターテイメント・エデュケーション・トランスメディア手法の開発、ポジティブ・ディビアンスアプローチを活用したコミュニティエンパワメント研究

(平成28年7月1日現在)

ページの上部へ