博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程文化学専攻)>
  3. 日本・東アジア文化学領域
文化学専攻
日本・東アジア文化学領域

 日本・東アジアにおける民俗文化・言語・文芸を対象として、フィールド調査と文献資料の調査という二つの接近方法で研究するとともに、異なる文化領域の方法を併せ学ぶことによって、成果の共有、方法の共有を目指す教育を行います。

領域長あいさつ

 日本・東アジア文化学領域は、その名前のとおり日本・東アジア文化学領域における諸問題を研究考察対象としています。経験豊かな教授陣や同学とのさまざまなディスカッションを通じて、必要な文献読解能力の向上はもとより、研究発表でのプレゼンテーション能力や論文執筆能力などを向上させ、一人前の研究者として自立できるよう特に意を注いでいるところであり、教員と学生が切磋琢磨する場でもあります。

日本・東アジア文化学領域長 山下裕作

ページの上部へ
  

日本・東アジア文化学領域の授業科目

日本近代文学特論 日本古典文学特論 日本語史特論 民俗文化特論 民俗調査分析特論 中国古典文学特論 東アジア比較文化論 東アジア文化特論 経営・社会文化論演習   
プロジェクト研究 総合演習 特別研究Ⅰ 特別研究Ⅱ

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 平安時代和文資料を中心としてみた多係助動詞構文の研究
  • 1930・40年代日本語文学と「境界」の表象―東アジアを視座として―
  • 楊逵研究―植民地時代における楊逵の「転向」を中心に―
  • 中国中世妓女と文学―蘇小々に関連する詩歌を中心に
  • 清正公信仰の研究―近世・近代の「人を神に祀る習俗」―
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
植田 均 大学院人文社会科学研究部 中国語学(中国史、中国語文法・語彙論) 中国近世語(明清~現代)文法・語彙論、方言学、中国語口語の歴史変遷、日中語彙用法対照研究
西槇 偉 大学院人文社会科学研究部 比較文学、日中比較文学 豊子愷に関する比較文学研究、中国における西洋美術の受容と日本
朴 美子 大学院人文社会科学研究部 東アジア比較文学、比較文化 韓中比較文学、日中韓比較文化及び言葉
堀畑 正臣 教育学部 日本語学(中古・中世の日本語の語彙・語法、文章・文体) 古記録・古文書から見た中古・中世の日本語(語彙・語法と文章・文体)
山下 裕作 大学院人文社会科学研究部 日本民俗学 現代社会における民俗学の実践性に関する研究
劉 静華 大学院人文社会科学研究部 中国近現代文学・言語文化、日本近代文学、日中比較文学 島崎藤村と巴金が表象する日中間の近代課題に関する比較研究
岩田 奇志 大学院人文社会科学研究部 比較経営論、比較社会論 日中社会の行動原理と行動様式
坂元 昌樹 大学院人文社会科学研究部 日本近現代文学(小説・批評) 近代日本の思想文化と表現史に関する研究
鈴木 寛之 大学院人文社会科学研究部 民俗学、口頭伝承論 「伝説」「記憶」「語り」に関する民俗学的研究
竹島 一希 大学院人文社会科学研究部 日本古典文学 連歌、及び和歌の作品を中心とした研究
茂木 俊伸 大学院人文社会科学研究部 日本語学(現代日本語の文法 語彙) 現代日本語の文法 語彙 語法研究,コーパスを用いた日本語研究
屋敷 信晴 大学院人文社会科学研究部 中国古典文学(六朝・唐代小説) 唐代小説と宗教文化の関りについて
渡辺 直土 大学院人文社会科学研究部 現代中国論 現代中国の政治・行政改革

(平成29年5月1日現在)

ページの上部へ