博士後期課程

  1. トップ>
  2. 博士後期課程文化学専攻)>
  3. 英語教授学領域
文化学専攻
英語教授学領域

 応用言語学、第二言語習得論、教育方法論、カリキュラム開発論等に関する最新の理論的枠組み・研究成果を批判的に検討し、定量的・定性的研究方法を活用して、主として大学英語教育の諸問題への応用について考究します。

領域長あいさつ

 本領域では、談話・レトリック分析、応用言語学、第二言語習得論、言語評価論、心理測定法、ラーナーオートノミー、教授学習理論等を専門分野とする教員による、有機的かつ系統的な指導・支援を受け、学位論文のテーマに応じた、定量的・定性的なリサーチ設計・分析手法を検討します。また、博士後期課程段階で求められる、論文レビュー、プロジェクト研究、学内外での発表、研究ネットワークの形成・拡充等に主体的に取り組み、高度な理論を現在の英語教育が抱える実践的課題に活用できるようにします。

英語教授学領域長 山下徹

ページの上部へ
  

英語教授学領域の授業科目

英語教育方法論特別演習 談話分析応用論特別演習 第二言語習得論特別演習 言語習得理論特別演習 第二言語語彙習得論特別演習
プロジェクト研究 総合演習 特別研究Ⅰ 特別研究Ⅱ

ページの上部へ

学位論文題目(旧カリキュラムも含む)

  • 会話コーパスを利用した看護師と患者間の言語コミュニケーション研究―特徴語・会話構造・ポライトネスを中心とした分析と看護英語教育への応用―
  • L1・L2ライティングのプロセスと方略に関する比較研究
  • Japanese University EFL Learners' Willingness to Communicate(WTC): From the Perspectives of Learners and Teachers
  • The Role of Working Memory in L2 Listening Comprehension
  • Adaptation, Analysis and Critique of Four Psychometric Instruments into the Japanese Context to Measure University Students' Casual Perceptions for Success and Failure in Second Language Acquisition(SLA)
ページの上部へ

教員一覧

教員名 所属 主要関心 研究テーマ
折田 充 大学院人文社会科学研究部 英語教育学、心理言語学 効果的な英語語彙指導法、英語心内辞書の変容・再構築
山下 徹 大学院人文社会科学研究部 談話・ジャンル分析、応用コーパス言語学、ライティング・リーディング指導を中心とした言語教育 認知的・社会文化的アプローチによる談話研究、コーパス言語学を応用した言語教育、学習者の自律性・メタ認知的能力・自己効力感を育成する自己調整学習
アイズマンガー・イアン 大学院人文社会科学研究部 カリキュラム・教材開発、第二言語習得論、研究方法論、統計学、心理測定法 Psychometrics, Second Language Acquisition, Explicit and Implicit Knowledge, Learner Autonomy, Learning Styles, Learning Strategies, Learner Anxiety

ラスカウスキー,テリー

シニア教授

大学院人文社会科学研究部 英語教育、教員教育(教員能力開発)、コミュニケーション方法論、質的調査方法論 Teacher Development Frameworks, Teacher Reseach in the Classroom, Pedagogical Learning Theories, Teacher Beliefs
片山 圭巳 大学院人文社会科学研究部 第二言語習得研究、音声学、心理言語学 第二言語学習者の知覚発達研究

(平成29年5月1日現在)

ページの上部へ